「今日は何の日?」お休みの疲れは出ていませんか?今日もおつかれさまです。

体を浄化しよう!家でも簡単にできる「デトックス」のやり方。

デトックスとは、英語の「detoxification」の略。
「解毒」という意味で、体内の不要な物(毒素・老廃物)を排出して健康な体に導くことをいいます。

体内に溜まった毒素を放っておくと、 腸内環境が乱れて便秘になりやすくなったり、代謝が落ちて肌トラブルが起こりやすくなったり、太りやすくなったりと、体に悪影響を及ぼします。

「デトックス」というと難しそうですが、その方法も様々。

今回は、自宅で簡単にできるデトックスを紹介します。

そもそも毒素って何?

老廃物とは、代謝の副産物として生じた体に不要な物質(アンモニア、尿素、尿酸など、二酸化炭素など)のことですが、毒素とは具体的にどういうものなのでしょうか。

【体内に蓄積される毒素の種類】

  • 食品に含まれる添加物(保存料、香料、人工甘味料、着色料、酸化防止剤、残留農薬など)
  • 調理器具(アルミ、テフロン、プラスチックなど)
  • 水道水(鉛、トリハロメタンなど)
  • 紫外線
  • 空気中や雨に含まれる大気汚染物質
  • 車の排気ガス
  • タバコの煙
  • 芳香剤、香水など

書き出してみると結構たくさんありますよね。

現代では、毒素をシャットアウトして溜め込まないようにするのは、ほぼ無理だということがわかります。
というわけで、日頃から、上手に排出して(デトックス)溜まりすぎないようにすることが大切です。

自宅で簡単にできる「デトックス」 

リンパマッサージをしよう

リンパは、体内の毒素や老廃物を流す下水道のような働きをしているので、リンパの流れが悪いといつまでも毒素や老廃物が排出されません。

リンパマッサージでリンパの流れを活性化させましょう。
リンパの流れが活性化すると、ダイエット、冷え性改善、むくみ解消にも効果がありますよ。

【リンパマッサージのやり方】

足は足首→膝→太もも→股関節、腕は 手首→ひじ→脇の下、顔は耳の後ろ→首→肩→鎖骨のように、末端から心臓に向かって、親指以外の4本の指の腹でさするように(滑らせるよう)にマッサージしていくのがポイントです。

私は最初は、ゴリゴリする箇所があったり、さすっているだけなのに思いのほか痛みがあり、驚きましたが、続けることでしこりのようなものや痛みも消え、今じゃマッサージをしないと悪いものが体内にとどまっているような気がして気持ち悪いくらいです。

食物繊維と水分を積極的に摂ろう

毒素や老廃物のほとんどは、便と尿で排出されます。

ということは「便秘」なんてもってのほか。

便秘改善には「食物繊維」と「水分」!
なぜ、食物繊維が必要なのかというと、食物繊維は腸で吸収されないので、そのまま便の材料となるからです。

便の量を増やすことはお通じにはとても大事なことなんですよ。

極端な小食であったり、食事を抜いたりすれば、便の量が足りずなかなか便意をもよおさずに便秘になりますし、水分が不足すればカチコチの便になり排便されづらくなります。
  

白湯とデトックスウォーターもおすすめ

【白湯 】

朝起きてすぐ、白湯を1杯飲むのもデトックスに効果的です。
起床時に、白湯を飲むと、胃腸が内側から温められ、整腸作用に効果があるからです。
白湯に、血行をよくするスパイス(七味唐辛子・クミン・コリアンダー)を入れると、より高いデトックス効果が期待できますよ。

【デトックスウォーター】

海外セレブが飲んでいると話題になり、日本でも女優やモデルさんに人気のデトックスウォーター。

ミネラルウォーターに、ハーブやカットしたフルーツ、野菜などを漬け込んで、2~4時間ほど冷やして作る飲み物です。

野菜や果物に含まれる成分が水に溶け出し、栄養補給やデトックスの効果が期待できます。
 
注意点としては、水道水などではなくミネラルウォーターを使うこと、その日のうちに飲みきることです。

デトックスウォーターは、カラフルで綺麗でついつい飾って眺めていたくなります。もったいないので飲みますけど・・・(^^)

まとめ

普段の生活で簡単に試すことができるデトックス方法を紹介しました。

効果があるデトックス方法として有名な、ファスティング(プチ断食)ですが、自己流ではかえって健康を損ねてしまうので、オススメできません。