「今日は何の日?」クリックしてみてみてね。

LINEを未読スルーする男性の心理とは?未読スルーされた時のNG行為と対処法。

今やなくてはならないツールになったLINE。

気軽にいつでも連絡できる一方、既読スルーや未読スルーといったトラブルもつきもの。 

特に、気になっている男性や、恋人にされたら、もう不安しかありません。
時間が経てば経つほど悪い方へ悪い方へと考えてしまいますよね。

「既読スルー」もそれはそれでモヤモヤしますが、既読すらつけない「未読スルー」をする男性の心理とはいったいどんなものなのでしょうか?

LINEの未読スルー?既読スルー?何が違うの?

LINEは、トークルームを開いてメッセージを読むと「既読」と表示される機能が付いていますよね。

「既読」がつくことで「メッセージを読んでもらえたんだな」と安心できるので便利ではあるのですが、この機能のせいでトラブルも起きがちです。

それが、既読スルー、未読スルーです。

【既読スルーとは?】
既読スルー、既読無視ともいわれます。
メッセージを読んだ(既読がついた)のに一向に返事がこない・・・とか、メッセージを読んだにもかかわらず返信をしないこと。

【未読スルーとは?】
未読スルー、未読無視ともいわれます。
既読がつかない状態が続き、返信もないこと。

共通点はどちらも「返信」がないこと

「既読スルー」「未読スルー」どちらも共通しているのは、相手からの返信がなく、無視されていると感じてしまうこと

同じ無視は無視でも、既読スルーと未読スルーでは、感じ方が少し違いますよね。

既読スルーだと「メッセージを読んだハズなのになんで返信してくれないんだろう・・・」とモヤモヤしたり、「なにかメッセージにマズイこと書いちゃったかな・・・」と不安になったりします。

未読スルーだと、返信に関しては「メッセージを読んでいないならしょうがないな」と納得できる一方、「私からのメッセージを読みたくないってこと?」「もしかしてブロックされた?」と、自分自身を拒否された気持ちになりますよね。

好きな男性からされて、精神的ダメージがより大きいのが「未読スルー」ではないでしょうか。

【男性心理】 未読スルーする心理10個

1:そもそもスマホを見てもいない

LINEに気づいているなら、既読をつけるなり、忙しいなら「忙しい」とだけでも返信するなりしてほしいと思ってしまうのが女性心です。

しかし、スマホをチェックする暇もないのであれば、既読をつけることも返信をすることもできません。

本人は、未読スルーしているつもりはさらさらなく、LINEがきていることにさえ気づいていないケースです。

2:後でゆっくり読んで返信しようと思っている

LINEの通知には気づいたけど、すぐに返信する余裕はなさそうという場面、けっこうありますよね。

「既読スルー」するよりは未読のままの方が忙しさが伝わるだろうし、変な誤解もされなくていいだろう・・・とか、後で時間ができたときにゆっくり読んで返信しよう・・・と考えて未読のままにしているケースもあります。

この場合も、男性の心理としては、未読スルーしているつもりはありません。

3:既読を付けずに内容をチェック後、忘れている

LINEは設定次第で、既読を付けなくても(トーク画面を開かなくても)メッセージ内容の一部を見ることができます。

【iPhoneで既読を付けずに内容を確認する方法】

  • 通知のプレビュー表示で読む・・・文字数が多いと全てを読むことはできない。スタンプ・写真も確認できる
  • トークリスト画面で読む・・・最新メッセージが省略表示される
  • 機内モードで読む・・・機内モード中は既読にならない。解除後既読がつく


【Androidで既読を付けずに内容を確認する方法】

  • 通知ポップアップで読む・・・文字数が多いと全てを読むことはできない。写真は表示されない
  • 既読回避専用アプリで読む・・・非公式アプリ
  • 機内モードで読む・・・機内モード中は既読にならない。解除後既読がつく 


LINEがきていることには気づいたものの、きちんと読んで返信する余裕がない時ってありますよね。

とりあえず、緊急の用件かどうかを確かめるため、通知ポップアップなどで、メッセージの冒頭だけを読んだというケースです。

この場合、トーク画を開いていないので「既読」がつくことはありません

緊急の用件ではなさそうだから、後で返信すればいいか・・・と後回しにした結果、うっかり忘れてしまったとか、ある程度内容を把握しているだけにすっかり返信したつもりでいたということもありえます。

ただ、好きな女性からのLINEを何度もうっかり忘れてしまう・・・なんてことは起こりにくいので、続くようであれば、好意は持たれていない可能性が高そうです。

4:暇と思われたくない

LINEの通知音が鳴ると「誰からかな?」「何の用事かな?」と気になってすぐにチェックする人も多いと思います。

ただ、いつもいつもすぐに既読がつく=暇人と思われるのが嫌で、少ししてから返信しよう・・・と放っておくケースもあります。

また、プライドの高い男性だと、すぐに既読&返信すると、いかにも連絡を心待ちにしていたようでかっこ悪いと考え、放っておくケースもあります。

5:返信するのが面倒くさい

世の中、マメな男性ばかりではありません。

電話ならいいけど、LINEやメールは苦手、返信するのが面倒という人もいます。

LINEは面倒と思っている人に、ただの近況報告のようなメッセージや、つぶやきのようなメッセージ、よく意味がわからないスタンプを送ったりすると、未読スルーされる可能性大です。

近況報告にいちいち返事を返すのは面倒という男性も多いですし、どんな返事をしたらいいのかわからないメッセージでは、下手に返事をするよりも、未読スルーにしてしまおう!と考える男性もいるでしょう。

また、過去に既読スルーをされて文句を言ったことはありませんか?

既読を付けたら、すぐに返信しないとまた文句を言われかねないので、未読スルーしているケースも考えられます。

6:恋の駆け引きをしている

恋の駆け引きとして「押してダメなら引いてみろ」という言葉がありますよね。

自分の好意はしっかりと女性側に伝わっているが、女性が自分をどう思っているのかわからない、自分への好意が曖昧なとき、あえて未読スルーをして、気を引きたいと考える男性もいます

確かに、それまで頻繁にきてた連絡が減ったり、急に未読スルーされるようになったら「あれ?!どうしたんだろう」と気になりますもんね。

7:やり取りが終わったと思っている

何回かLINEのやり取りをした後の「未読スルー」であれば、ただ単にやり取りが終わった!と思ってのことでしょう。

やり取り中に、相手が他の作業をするためにトーク画面をいったん閉じていた場合に起こりやすいです。

短文であれば、トーク画面を開かずに通知ポップアップでメッセージ内容を確認できるので、女性側の「また明日ね」とか「おやすみ」と言うメッセージを見て、トーク画面を開くことなく終了してしまうケースです。

せめて「おやすみ」には「おやすみ」と返してから終わろうよ・・・と私なんかは思うのですが、こういう男性は意外と多いようです。

8:あなたに興味がない

辛いことですが、嫌われているために未読スルーされていることもあります。

例えば、その場のノリでLINEは交換したけど、実はそれほどあなたに興味がなかった・・・という場合、その意思表示のためあえて未読スルーすることがあるようです。

一度でも返信してしまうと、やり取りが始まってしまい面倒だからです。

「読んでくれた?」「返信待ってます」などしつこくLINEをするのは逆効果です。

9:ブロックされている

未読スルーが続くようであれば、ブロックされている可能性もあります。

【LINEのブロック機能】

LINEの「友だち」画面から簡単にブロックできます。
メッセージを送ることも受け取ることもできなくなります。一切のやり取りができない状態です。

自分がブロックされているかどうかを確実に知る方法はありませんが、ブロックされたであろうと予測することはできます。

  • 相手にスタンプをプレゼントしてみる・・・「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示される
  • 無料通話をかけても出ない
  • タイムライン投稿が表示されない

10:スマホの故障・体調不良

スマホの故障や、本人の体調不良で、LINEをチェックできない状況にあるのかもしれません。

LINEを未読スルーされたら?

ここまで、LINEを未読スルーしてしまう男性の心理を紹介してきました。

悪意がない「未読スルー」もあることはわかりましたが、それでも好きな男性にされると、不安ですしツライですよね。

「もしかして未読スルーされてる?」と感じたときは、どうしたらよいのでしょうか。

催促LINEは送らない

「読んでくれた?」「なんで返信くれないの?」と、つい言いたくなる気持ちはわかりますが、これはNG行為です。

もし男性があなたに好意を持ってくれていたとしても、このようにLINEのメッセージひとつで怒ったり急かしたりするメッセージを送ってくる女性をどう思うでしょうか。

何度もメッセージを送ったあげく、「ごめん。怒ってる?」「もしかして迷惑だった?」なんて送るのは、面倒くさくて重いだけで逆効果です。

恋は終わってしまうかもしれません。

こういったメッセージは「追撃LINE」と呼ばれ、煙たがられているので要注意です。

男性と女性の考え方は違うことを理解する

そもそも男性と女性ではLINEに対する考え方に違いがあるようです。

【LINEに対する考え方】

  • 女性・・・コミュニケーションツール
  • 男性・・・連絡ツール

女性は、日常の出来事や、感動をシェアし合ったり、共感するのが好きですよね。

なんと答えてよいかわからないメッセージでも、男性のようにスルーすることはほとんどなく、相づちやスタンプは入れますし、返信は早めにする傾向があります。

男性は、主に連絡ツールとして活用しているので、用件さえ伝わればOK。

そのため、女性に近況を報告されても「だから何?」となりがち。

心の中で「へぇ~」とか「そうなんだ~」と返事をして自己完結した結果、未読スルーや既読スルーになってしまうことも多いのです。

「既読」をつけたらすぐに返信しないと・・・とプレッシャーを感じるタイプの男性だと、未読のまま、メッセージを確認するのが習慣になっているということも考えられます。

このような、LINEに対する男女の考え方の違いをあらかじめ把握しておくことで、未読スルーもあまり気にならなくなるかもしれません。

今日中に返信がくればOKと考える

返信はなるべく早くしてほしい、既読がつかないと不安だという女性も多いと思います。

しかし、携帯をチェックする頻度や、LINEのやり取りのペースは人それぞれです。

1時間、既読がつかなかったり返信がないだけで「未読スルーされた」と感じる人もいれば、1日返信がなくても気にならない人もいます。

相手にも生活がありますし、都合もありますから、返信できないこともあるでしょう。

適当に返信するくらいなら、あとでちゃんと返信しようと考えているのかもしれません。

男性に未読スルーをされたと感じても、その日のうちに返信がくるのであれば大目にみてあげましょう。

自分のペースを崩されることを嫌がる男性もいますので、LINEのやり取りも男性のペースに歩み寄るようにすると、お互いストレスにならないかもしれませんね。

未読スルーされた・・・と落ち込まず、今日中に返事が来ればいいや・・・くらいのおおらかな気持ちで待ちましょう。

少し時間と距離を置いてみる

毎回、自分からメッセージを送っているのであれば、少し連絡を控えてみましょう。

自分が連絡を控えることで、疎遠になってしまうかもしれませんが、諦めも肝心です。

もし、男性側が恋の駆け引きや安心感から未読スルーをしているのであれば、連絡が急に減ったら「どうしたのかな?」と気になり、何かしらアクションを起こすハズです。

少し時間と距離を置くことで、良くも悪くも相手との関係をリセットできるかもしれません。

気にしない

好きな男性に、送ったメッセージがいつまでも既読にならないと、避けられているのでは?と不安になりますよね。

書いては消し書いては消し、言葉を選んで書いたメッセージならなおさらです。

しかし、クヨクヨ考えても時間の無駄です。

なぜなら、男性側がLINEを未読スルーする理由はたくさんあり、本人にしかわからないからです。

考えたところで、ネガティブな考えで頭がいっぱいになってしまうだけなので、あえて気にしないのが一番です。

まとめ

未読スルーを気にして悩むのは、LINEに対する考え方の違いもあり、圧倒的に女性が多いといいます。

中には、マメにLINEをしてくれる男性もいますが、大事な用件以外のLINEは面倒だと思っている男性が多いのも確かです。

返信がないと、嫌われたかもしれない、ブロックされたかもしれないと、悪いことばかり考えてしまいますが、「ついうっかり忘れて」というのが理由であることの方が多いのです。

LINEは、今やなくてはならない便利なツールですが、好きな男性からのLINEに一喜一憂、振り回されてしまうことのないよう、上手に付き合っていきましょう。