「今日は何の日?」クリックしてみてみてね。

【女性に人気】マンガ・コミックランキング50

私が学生の頃は、いろんなマンガ・コミックを回し読みするのが流行っていましたが、今の学生だとスマホで読む電子書籍が主でしょうか。

ドラマや映画の原作になることも多い少女マンガから、大人の女性だからこそ読んで欲しいマンガまで、オススメしたい作品をランキング式で紹介したいと思います。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【女性に人気】オススメマンガ・コミック50~41位

50位「ひるなかの流星」
作者:やまもり 三香

父親の海外転勤で、東京のおじの家に預けられることになった田舎の女子高生・すずめ。
上京初日に迷子になり倒れていたところを「獅子尾五月」に助けられる。
転校先の高校で、担任教師と生徒して再会する二人。すずめは獅子尾に惹かれていく。担任教師と同級生との間で揺れる恋を描いた学園ラブストーリー。

49位「きみが心にすみついた」
作者:天堂きりん

下着メーカーに勤める小川今日子は、自分に自信がなく人前に出ると緊張のあまり挙動不審になってしまう性格。あだ名は「キョドコ」。
大学時代「そのままでいい」と言ってくれた先輩・星名を好きになり依存してしまった結果、心も体も深く傷つくが、星名を忘れられず前にすすめない。
自分を変えようと決意した矢先、星名と再会。星名は大学時代同様、キョドコの人生を引っかき回す。お互いに育った家庭環境に問題があり、共依存状態にある重い内容。ありきたりなラブストーリーは飽きた・・・という人にオススメ。

48位「中学聖日記」
作者:かわかみじゅんこ

中学3年生の黒岩晶は、危なっかしくほっとけない感じの新しい担任「末永聖」に恋をする。
聖は婚約者がいるのだが、毎日のように恋心をぶつけてくる不思議な魅力のある晶に惹かれていく・・・11歳差のラブストーリーです。
男子教師と女子生徒のマンガは多いけど、逆のパターンはあまりないなと気になった作品ですが、聖のキャラは好き嫌いが分かれそうです。

47位「ツレがうつになりまして。」
作者:細川貂々

前向きで明るかったスーパーサラリーマンの夫(ツレ)がうつ病に。
病気と闘う夫との日々が、可愛らしい絵で描かれていて、大ベストセラーになりました。
うつの治療方法が描かれているのではなく、うつを理解できるマンガ。
予備知識として勉強になりました。
ただ、レビューなどでは、闘病している本人や家族にはオススメできないという意見が多いようです。

46位「白鳥麗子でございます」
作者:鈴木 由美子

超美人で高飛車なお嬢様「白鳥麗子」は、幼稚園の時からずっと「秋本哲也」に片思いをしている。
高校生の時、哲也に告白されるが、高飛車で見栄っ張りな性格が災いして振ってしまったことを後悔し、大学生になった哲也を追いかけ上京する。
世間知らずで思い込みが激しい麗子と、健気で一途な哲也の波瀾万丈な同棲生活を描いたラブコメディ。

45位「そこをなんとか」
作者:麻生みこと

弁護士になれば儲かる!とリッチな生活を夢見て、弁護士になった改世楽子。
しかし司法改革のおかげで、大量の合格者があふれ、就職にも苦労する。
どうにか就職したものの、そこにはいやみな先輩弁護士がいるわ、儲かる案件には出会えないわで、結局貧乏ヒマなしの新米弁護士奮闘記!
案件も身近なものが多くて読みやすく勉強になります。恋愛要素はちょっと少なめ。

44位「失恋ショコラティエ」
作者:水城せとな

製菓学校に通う爽太は、1つ年上のサエコをずっと想い続けている。あっけなくフラれるも、チョコレート好きのサエコを振り向かせたい一心で修業、ショコラティエとして自分の店を持つまでに成長した。
サエコは別の男性と結婚してしまうが、人妻だろうが小悪魔だろうが関係ない!と、サエコとの妄想を原動力に彼女に振り向いてもらうため奮闘する。
小悪魔サエコのキャラは、好き嫌いが分かれそう。

43位「ういらぶ。―初々しい恋のおはなし―」
作者:星森ゆきも

春名優羽は、大好きな幼なじみ「和泉凜」に、ことあるごとに「お前はゴミクズでダメなヤツ」と言われ続けたために、病んでるレベルのネガティブへたれになってしまった残念系美少女。
凜は凜で、優羽を好きすぎるあまりにドSになっていじめてしまうこじらせイケメン。凜の溺愛っぷりが激キュンのラブストーリーです。

42位「働きマン」
作者:安野モヨコ

仕事モードになると「男スイッチ」が入り、食事も睡眠もとらない「働きマン」となる女性編集者「松方弘子」28歳独身。
働く女性をリアルに描いた人気コミックで、働いたことのある女性なら共感できる部分がたくさんあると思います。
がんばらなきゃとやる気がわいてくる、前向きになれるマンガです。

41位「近距離恋愛」
作者:みきもと凜

成績は常に学年1位、クールで冷静なツンデレ天才少女・ゆにと、妊娠した担任教師のかわりに、ゆにのクラスの代理担任となったイケメン教師・ハルカの前途多難な恋をかいたラブコメディ。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【女性に人気】オススメマンガ・コミック40~31位

40位「喰う寝るふたり 住むふたり」
作者: 日暮キノコ

交際10年、同棲生活8年目の三十路直前カップル「りつ子」と「修一」の日常のできごとを男女両方の視点から描いた作品。
同じできことでも受け止め方が違うこと、男女間にありがちな価値観の違いなんかにも気づかせてくれます。
同棲経験者にとっては「あるある」な話が多く、共感できると思います。

39位「Bread&Butter」
作者:芦原妃名子

ある事情で教師を辞め、婚活中の柚季は、シャーペンの芯を買いに行った文具店で、パンを焼く洋一と出会う。
洋一のパンを食べて元気をもらった柚季は「この人と美味しいご飯が食べたいなあ」と衝動的に洋一にプロポーズしてしまう。
34歳と39歳の大人のラブストーリーだけあって、胸キュンは少なめだけど、クスッと笑えるポイントも多く、温かい気持ちになります。

38位「センセイ君主」
作者: 幸田もも子

惚れっぽく好きな人には必ずふられる女子高校生「あゆは」。
告白7連敗後、やけ食いをしに入った店でお金を払えずにいたところ、謎の年上イケメンに助けてもらう。
そのイケメンは、なんとあゆはのクラスの新担任「弘光由貴」だった。あしらわれ続けても諦めないおバカ系な女子高生と、イケメンでクール、毒舌な俺様センセイとのドタバタラブコメディ。
イケメン教師「弘光由貴」は、 幸田もも子の前作「ヒロイン失格」に登場する「弘光廣祐」のお兄さんです。ちなみに私はセンセイの方が好み♡

37位「liar」
作者:もぁらす・袴田十莉

新人OLの成田美紗緒は、無愛想な1つ年上の先輩、市川一哉(通称イチさん)にいつのまにか惹かれていく。
彼女がいるのに意味深な態度をとってくるイチさんに振り回されながらも、二人は大人の関係に。
美紗緒目線とイチさん目線の両方を楽しめる。美紗緒目線を読むと本当に辛くて切なく。優柔不断で何を考えているのかわからないイチさんに腹が立つが、イチさん目線を読むと、恋愛に対して不器用なだけとわかる。話の続きが気になって仕方がないマンガでした。

36位「きょうは会社休みます」
作者:藤村真理

一度も彼氏ができたことがない主人公・花笑は、33歳の誕生日の夜、酔った勢いでアルバイトの「田之倉悠斗」と一夜を共にし、付き合うことになる。
一回り年下の大学生が好きになってくれたり、イケメン社長から突然プロポーズされたりと、あまり現実的ではないけど、初めてできた12歳年下の彼、初めての恋愛に翻弄され、戸惑いながらも頑張る花笑を応援したくなる作品。
年下だけど頼もしく包容力のある田之倉くんがかっこいい。

35位「私がモテてどうすんだ」
作者:ぢゅん子

女子高校、芹沼花依は、男同士が仲良くしているのを見たり妄想したりするのが大好きなぽっちゃり腐女子。
大好きなアニメキャラが死んだショックで1週間も飲食を摂らずに引きこもった結果、体重が激減し美少女に変身でモテ期到来。あんなに痩せても巨乳のままとか羨ましい・・・。

34位「37.5℃の涙」
作者:椎名チカ

子どもが熱が「37.5℃」を超えたら、保育園には預けられない。預かってくれる人もいない。それなのに仕事も休めない。
そんな身動きが取れない親に代わって、病気の子どもを預かる新米病児保育士・桃子は、必死になると暴走してしまうトラブルメーカーだけど、こどもの笑顔のために、看病を通じてその背景にある家庭の問題を解決していきます。

33位「高校デビュー」
作者: 河原和音

中学ではソフトボール部のエースでバリバリの部活少女だった晴菜。
高校生になったら恋にすべてを賭けようと自分なりに頑張ってみるが、一向に彼氏ができない。
そこで「男ウケ」をよく知るモテ男子「ヨウ」に、モテコーチをしてくれるように頼む。ヨウは自分を好きにならないことを条件に引き受ける。
裏表がなく一生懸命、純粋すぎるあまり的外れな事もたくさんやってしまう晴菜がかわいい。

32位「「ママはテンパリスト」
作者:東村アキコ

29歳で出産し、日々の育児の大変さにテンパる日常を描いた育児エッセイ。
息子・ごっちゃんの、予想の上を行く行動と、作者さんとのやり取りに爆笑してしまう。本人は大変だったにちがいないんだろうけど・・・(^^;)
育児経験者なら「あるある」と楽しめますし、初めての育児を控えている妊婦さんにも読んでもらいたいマンガです。

31位「ハチミツとクローバー」
作者: 羽海野チカ

説明なんていらないんじゃ・・・と思うほど有名な、美大を舞台にしたラブストーリー。通称「ハチクロ」。
登場人物が恋愛に不器用で、ほぼ全員片想いなのが切ない。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【女性に人気】オススメマンガ・コミック30~21位

30位「今日恋をはじめます」
作者:水波風南

日比野つばきは、おさげに膝下スカートの真面目すぎる女子高生。
入学式の日に、隣の席だった「椿京汰」と口論になり、京汰の「マジメ女子をオトス」という賭けのターゲットにされてしまう。
地味な真面目少女と学校一のモテ男「The少女漫画!」って感じの王道ラブストーリー。

29位「透明なゆりかご~産婦人科医院看護師見習い日記~」
作者: 沖田×華

産婦人科医院の見習い看護師として働くことになった高校3年生の×華(ばっか)目線で描かれる産婦人科の光と影。
中絶の後処置というものを初めて知りました。分娩中の死亡事故、望まぬ妊娠、残酷で悲しい話も多いですが、命について考えさせられます。
赤ちゃんが無事に産まれることは当たり前ではないということ、多くの人にも読んでもらいたい漫画です。

28位「L・DK」
作者:渡辺あゆ

一人暮らしの高校2年生・葵の隣に引っ越してきたのは、1週間前に親友をふった学園の王子・柊聖だった。
部屋のトラブルで、顔が良いだけの冷血漢・冷徹人間・柊聖と、同居する羽目になった葵。 
なかなか進まない二人の関係がじれったいです。

27位「動物のお医者さん」
作者:佐々木倫子

私が学生の頃、ものすごい人気でした。
主人公の西根公輝(通称ハムテル)の飼い犬がシベリアンハスキーだったことから、シベリアン・ハスキーブームが起こったり、モデルとなった北海道大学獣医学部の志望者数が跳ね上がるなど、社会現象を巻き起こしたマンガ。
決して女性ウケするような絵ではないのですが、獣医師を目指す学生の日常がコメディタッチで描かれ、個性的すぎる登場人物のせいもあって、すごく面白い。動物の知識も増えます。

26位「ちはやふる」
作者:末次由紀

主人公、綾瀬千早が競技カルタでクイーンを目指すストーリー。
小学校6年生の時、福井からやってきた無口な転校生・綿谷新が小倉百人一首競技かるたをしている姿に衝撃を受ける。
訛りのある新をイジメていた太一も新に謝罪し、二人は競技かるたを始める。
高校編では、中学進学を機に別れていた太一と再会し、競技かるた部の設立を目指す。少女漫画というより、スポ根漫画といったほうがいいかも。

25位「狼陛下の花嫁」
作者:可歌まと

下級役人の娘・汀夕鈴(ていゆうりん)は、「高賃金で割のいい仕事」につられ王宮に出向く。
その仕事というのは、冷酷非情で「狼陛下」と呼ばれる国王・珀黎翔(はくれいしょう)の偽装花嫁だった。
展開はゆっくりめ。お互い想い合っているのに身分が違うことですれ違う切ないラブストーリー。

24位「PとJK」
作者:三次マキ

高校1年生の歌子は、人数合わせで駆り出された大人の合コンに、年齢と身分を偽って参加し、功太といい雰囲気になるものの歌子の年齢を知った途端、態度が豹変。
後日、変質者に襲われかけているところを警察官の功太に助けられ、完全に恋してしまった歌子は積極的にアタックしはじめ、両想いに。
功太の仕事上、未成年との交際は問題になってしまうため、2人は結婚することになる。結婚までいろいろあるのかと思いきや、展開早くてビックリ。

23位「この世界の片隅に」
作者:こうの史代

戦時中の広島県、呉が舞台。
1巻2巻は、戦時中でありながら、ほのぼのとした暮らしが書かれていますが、3巻では戦争の悲惨さを感じるシーンが多くなり、涙なしでは読むことはできません。
普通の生活をおくれることがどれだけ幸せで、あたりまえの日常が本当にかけがえのないものだと気付かせてくれる漫画です。

22位「こんな上司にお困りでしたら」
作者:桜乃みか

新米OLのえみは、クールなエリート上司・佐伯に怒られてばかりの毎日。
しかし、佐伯には脚を愛でることで癒される「脚フェチ」という秘密があった。佐伯に脚を気に入られたえみは、佐伯と秘密の関係に。
普段はクールなイケメンなのに、変態が過ぎる感じが面白い。
人のモノフェチのイケメンも登場したりと、少し変わった恋愛マンガ。

21位「突然ですが明日結婚します」
作者:宮園いづみ

大手銀行に勤める仕事ができるキャリアウーマン「高梨あすか」の夢は専業主婦になること。
彼氏に大事な話があると言われ、プロポーズ!かと思いきや、突然別れを告げられてしまう。
そんなあすかをなぐさめたのが、イケメン人気アナウンサーの名波竜。
結婚は死んでも嫌だという名波と、結婚して専業主婦になりたいあすかのラブストーリー。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【女性に人気】オススメマンガ・コミック20~11位

20位「おとなりコンプレックス」
野々村朔

家が隣同士で同い年、きょうだいのように育ってきた、男の子の格好が好きなイケメン女子・あきらと、女装が似合うかわいい男子・真琴。
こんな二人だから、いつも逆カップルに間違われる。
設定が面白いですよね。
幼なじみゆえの、親友以上、恋愛未満な関係が少しづつ変わっていきます。健気な真琴にキュンとしますよ。

19位「メイちゃんの執事」
作者: 宮城理子

交通事故で両親を亡くした讃岐うどん屋の一人娘「東雲メイ」は、両親の葬式の日、執事だという柴田理人から、父親が大富豪「本郷家」の長男であること、メイが正式な後継者であることを告げられる。
1人の女子生徒につき1人の執事が付く究極のお嬢様学校「聖ルチア女学園」に入学することになったメイ。
Sランク執事である柴田理人とともに、自らの運命と恋に向き合っていく。クラスメイトやその執事たちも個性的で面白いです

18位「ヒロイン失格」
作者:幸田もも子

主人公・はとりは、幼なじみの「利太」のことを一途に想い続け、利太のヒロインは自分だけだと根拠もないのに信じこんでいる女の子。
しかし現実は甘くない。脇役の一人だと思っていた地味な安達未帆と利太が真剣につきあい始め、はとりはヒロインの座を奪い返そうとするもことごとく失敗。妄想癖と変顔、空回りしまくるはとりが可愛い。

 

17位「パーフェクトワールド」
作者:有賀リエ

インテリア会社に就職した川奈つぐみは、建築会社との飲み会で、高校の時の同級生「鮎川樹」と再会する。
つぐみの初恋の人でもある彼は、車いすに乗る障害者になっていた。
障害者との恋愛の難しさ、愛しているからこその苦悩や葛藤、そして2人の想いだけではどうにもならない現実の厳しさなど、いろいろと考えさせられる作品。

16位「四月は君の嘘」
作者:新川直司

数々のピアノコンクールで優勝していた有馬公生は、母の死をきっかけにピアノが弾けなくなる。
同い年のヴァイオリニスト、宮園かをりの影響で公生は再び音楽の道に戻り、
ピアノコンクール入賞を目指すのだが、実はかをりは病に冒されていた。
公生は再びトラウマが呼び起こされ、ピアノを弾くことができないままコンクール当日を迎える。涙・涙です。

15位「高嶺と花」
作者:師走ゆき

姉の代わりに、姉のふりをして、父の勤務先の会長の孫「才原高嶺」と見合いをする羽目になってしまった女子高生の「野々村花」。
ルックスと肩書きは良いが、内面は高慢で横柄、大人げない残念男「高嶺」と、気が強く物怖じしない「花」のコントのようなやりとりが面白い。
個人的には、高嶺さんがプライドが傷つけられたときに身長が縮んで「低嶺」さんになってしまうところが好き。
年の差、身長差、家柄格差のある高嶺と花のツンデレラブコメディ。

14位「東京タラレバ娘」
作者:東村アキコ

こうしていたら・・・ああしていれば・・・と、タラレバばかり言っていたら、恋も仕事も上手くいかず、気づいたら独身のまま33歳になっていた・・・。そんな脚本家の「鎌田倫子」は、高校時代からの親友である香や小雪と「女子会」ならぬ「行き遅れ女の井戸端会議」を繰り返す日々。登場人物のキャラの濃さが面白く、いい歳して恋愛の次の一手がわからなくなるとか、リアルな感じに共感。

13位「砂漠のハレム」
作者:夢木みつる

身寄りがなく奴隷出身の「ミーシェ」は、王族が大嫌いで気が強く破天荒な女性。王国の第三王子・カルムを乗せた馬車にひかれそうになった子どもを助けたミーシェは、王子に向かって暴言を吐くが、そこをカルム王子に気に入られ、30人目の側妻に迎えられる。
王族にさえ自分の考えをはっきりと伝えるミーシェカッコイイ。男装したミーシェもカッコイイ。
俺様だけど、お茶目で、色気がダダ漏れのカルム王子、ステキ♡

12位「のだめカンタービレ」
作者:二ノ宮知子

指揮者を目指すエリート音大学生、オレ様の千秋真一と、ピアノ科に在籍する落ちこぼれ変態ピアニスト野田恵(のだめ)が、音楽家として成長していくストーリー。かたいイメージのクラシック音楽ですが、ラブコメ要素が強いので楽しく読めます。音大は変人だらけなのか?!と思ってしまうくらい癖のあるキャラがたくさん出てきます。

 

11位「脳内ポイズンベリー」
作者:水城 せとな

童顔のため若く見えるが実は30歳の主人公・櫻井いちこ。
いちこの脳内には、脳内キャラが住んでおり、悩むとしばしば脳内会議が繰り広げられる。
脳内で考えを勝手に完結させてしまう「いちこ」に振り回される早乙女。
脳内会議がひたすら面白い新感覚のラブストーリー。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【女性に人気】オススメマンガ・コミック10~1位

10位 「胸がなるのは君のせい」
作者:紺野りさ

つかさは、中学2年の時に転校してきたクールな有馬隼人に恋をしていた。普段からよく話すし、下の名前で呼ばれるのは自分だけ、期待して告白するが、あっさりふられてしまう。
しかし、通う高校が同じだと知り、つかさは有馬に「まだあきらめないから」と宣言する。
つかさにちょっかいを出すイケメン登場、有馬の元カノの美少女登場と、王道ではありますが、絵がすごく綺麗でキュンキュンします。

9位「ダメな私に恋してください」
作者:中原アヤ

会社が倒産、無職で収入ゼロなのに年下の大学生に貢ぐ日々を送っていたアラサーのミチコ。
そんな時、大嫌いだった元上司・黒沢に再会し、彼がマスターを務める喫茶店でバイトとして働くことになった。何かと助けてくれる黒沢に徐々に惹かれていくみちこだが、彼には想い人がいた。
ダメダメアラサー女と、ドS上司のラブコメディ。とにかく、ミチコのダメっぷりが面白くてハマります。

8位「ホタルノヒカリ」
作者:ひうらさとる

会社ではしっかりしたOLだが、家ではジャージ姿でゴロゴロ、漫画にお菓子にビールがあれば幸せの干物女「雨宮蛍」は、手違いから、キレイ好きで几帳面、家事が得意な上司・髙野部長(既婚者・別居中)と、一つ屋根の下で同居することになってしまう。
部長のすすめもあり、恋愛するより家で寝ていたい干物女・ホタルに年下の彼・マコトができたが、恋から遠ざかりすぎていたホタルは空回りの連続。
笑いあり、涙あり、胸キュンもあり、ステキ女子とたたかうホタルが可愛いです。

7位「花より男子」
作者:神尾葉子

日本だけでなく台湾や韓国でもドラマ化されたほどの超人気漫画。
お金持ちが通う英徳学園高校に、玉の輿を狙う母親のすすめで、庶民でありながら通うことになってしまった「牧野つくし」。
持ち前の正義感と雑草のような根性で、学園を牛耳る御曹司四人組「F4」やいじめに立ち向かっていく中、なにかと助けてくれるクールな花沢類に恋をする。つくしのド貧乏っぷりや道明寺のお馬鹿っぷり、二人のやりとりも面白い。

6位「深夜のダメ恋図鑑」
作者:尾崎衣良

なぜかダメンズばかりと出会ってしまう3人の女子が主人公。
しっかり者ゆえにダメ男とばかり付き合ってしまう司法書士の佐和子、美人だけど口の悪い元ヤン、いまだに交際経験がない受付嬢の円、少女漫画が恋愛の教科書、彼に王子様を求めてしまうOLの千代が、毒舌たっぷりに男に言い放つ台詞の数々がすごく面白い。「こういう男いる!」「わかるわかる!」「よくぞ言ってくれた!」と共感できちゃう漫画です。

5位「Orange」
作者: 高野苺

女子高校生「高宮菜穂」は、10年後の自分が書いた手紙を受け取る。その手紙には、このあと転校してくる「成瀬翔」に恋をすること、翔が事故で死んでしまうこと、高校生の時に自分が行動を起こさなかったことを後悔していることが書かれていた。
未来の自分からの手紙は、他の4人の仲間にも届いていた。5人は「翔がいない未来」を変えるべく、協力しあい行動をはじめる。

 

4位「女王の花」
作者:和泉かねよし

互いに勢力を争う4つの国。亜国・土国・黄国・曾国。
正妃を母に持ち、亜国の姫として生まれた亜姫は、金髪と青い目を持つことで気味悪がられていた奴隷の「薄星」を救い、共に成長する。第二夫人である土妃の企みにより、母親は毒殺され、黄国に人質として送られることになった亜姫。
必ず亜国に戻ることを誓う亜姫と薄星の闘いの日々が始まる。亜姫と薄星の恋が切ない・・・何度も読み返したくなる作品。

3位「逃げるが恥だが役に立つ」
作者:海野つなみ

社会問題を織り交ぜたラブコメディ。
家事代行として働くみくりは、津崎に就職としての結婚を提案し、2人は「雇用主と従業員」という関係の契約結婚をすることになる。
タイトルの「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーのことわざで「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」という意味。

2位「ヲタクに恋は難しい
作者:ふじた

会社では必死に腐女子であることを隠しているOLの成海。
幼なじみで成海の趣味を唯一知っているオープンなゲーヲタ・宏嵩と会社で再会する。
成海にとって宏嵩は、大事なヲタク友達で恋愛対象外なのだが、利害が一致し付き合うことになる。
2次元には強い二人だが、現実の恋愛はなかなか難しい。ヲタク同士の不器用な恋愛を描いたラブコメディ。
いろんな種類(?)のヲタクが登場し、ヲタクあるあるにも笑えます。

1位「なまいきざかり」
作者:ミユキ蜜蜂

ポーカーフェイスでクールな主人公「町田由希」。
どんな時も動揺せず、完璧にバスケ部のマネージャーをこなす由希と、生意気で強引なバスケ部の後輩「成瀬翔」のラブストーリー。
冷静にとまどったり、ありえない勘違いをしたり、成瀬に振り回される由希が本当にかわいい。バスケ部員も個性的で、なにげに後方で面白い台詞を吐いているところがツボ。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

まとめ

ラブコメが好きなので、ちょっと偏ってしまった感もありますが、女性に人気があるマンガ・コミックをランキング式で紹介しました。

気になったマンガ・コミックはありましたか?

時間さえあれば、現実逃避してずっと読んでいたい・・・(^^;)