「今日は何の日?」ゴールデンウイークの予定はきまりましたか?

日焼け止めの使用期限と、正しい使用方法。SPFとPAってどういう意味?

使い切れずそのまましまってあった昨年の日焼け止めを発見したけど、使っていいものか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

もったいないから・・・とそのまま使って、かぶれてしまったという話も聞いたことがありますが、日焼け止めの使用期限はどのくらいなのでしょうか。

日焼け止めの使用期限の目安と、使えるかどうかの判断の方法を知っておくと安心ですね。

日焼け止めの使用期限

【日焼け止めの使用期限の目安】

  • 未開封の状態なら製造日から3年以内
  • 開封したものは1年以内

ただ、この目安は「正しく保管できていた場合」に限ります。

保管場所としては、直射日光が当たらない涼しく乾燥した場所が最適。

高温になる車の中に置きっ放しにした場合や、直射日光のあたる場所に置いていた場合など保管方法によっては、1年を待たずに中身が劣化してしまうこともあるので注意してくださいね。

日焼け止めは早めに使い切るのが理想

昨年の夏に使用した日焼け止めなら、手に取ってみて問題なさそうであれば使用できそうですが、1度開封した日焼け止めはできるだけ早く使い切ることが推奨されています。

なぜなら、開封後の日焼け止めは、雑菌が繁殖したり、空気中の酸素と反応して「酸化」が進んだりして中味が変質し、肌トラブルを起こす可能性もあるからです。

特に、防腐剤が入っていないオーガニック系の日焼け止めは注意してくださいね。

毎年、最新の技術で製造された効果の高い新製品が発売されますから、古いものは思い切って処分する方がいいかなと個人的には思いますが、もったいなくて捨てられない、どうしても使いたいという場合は、使用前に次の3点を必ずチェックするようにしてくださいね。

残った日焼け止めを使用する前にココをチェック!

【使う前に必ずチェック!】

  • 異臭がしないか
  • 変色していないか
  • 油分と水分に分離されていないか

日焼け止めのチューブの口が黄色く変色していたり、手に出したときに分離しているような場合は、思い切って処分しましょう。

使えそうだなと思っても、肌の弱い人ではかぶれてしまうことも考えられるので、顔は避け、腕や足に使用するのがいいでしょう。

日焼け止めの正しい使用方法

日焼け止めが毎年残っちゃって困っている・・・どうやったら使い切れるのかわからないという人は、日焼け止めを正しく使用できていないかも知れません。

日焼け止めは1年中使用するのがオススメ

日焼け止めは、夏の間だけ塗ればいいや、外出する時だけ塗ればいいや、朝に塗れば夜まで効果が持続するはず・・・と思っていませんか?

紫外線は、1年中降り注いでいます。曇りの日でも降り注いでいますし、室内にも到達します。

紫外線は、シミやたるみなど老化の原因にもなりますから、季節に関係なく1年中日焼け止めを使用するのがオススメです。

1年中、使用していれば「去年の日焼け止めが・・・」という悩ましい状況にはなりませんよね(^^)

「SPF」と「PA」の違い

SPFは、短時間で肌に赤みや炎症を引き起こす火傷のような日焼け(サンバーン)を引き起こす「紫外線B波」の防止効果を数値で表しています。

PAは、メラニン色素が増えて肌が黒くなる日焼け(サンタン)を引き起こす「紫外線A波」の防止効果を+の数で表しています。

SPFの数値の意味

日焼け止めには「SPF30」とか「SPF50」とか数値が書かれていますよね。

「SPF30」は、30時間効果が持続するという意味ではなく、サンバーンを30倍遅らせることができるという意味です。

紫外線を浴びてから日焼けが起こるまでにかかる時間は、個人差があるものの、平均すると15分~20分といわれています。

「SPF30」の日焼け止めを使用した場合、サンバーンが起こるのを、15分×30倍=450分(7.5時間)遅らせてくれるということになるのですが、実際は洋服などでこすれて取れてしまったり、汗や皮脂で取れてしまったりして、そこまでの効果は期待できないのです。

そういうわけで、日焼け止めは、汗や水に強い「ウォータープルーフ」であっても、こまめに塗り直しをする必要があるのです。

冬場は「SPF」よりも「PA」に注意して購入が◎
 
紫外線B波は、もともと地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量であり、冬場になるとさらに半分程度に減少します。

逆に、紫外線A波は、1年中天気に関係なく朝から夕方まで安定して降り注ぎ、室内にも到達します。

日焼け止めを購入するとき、どうしても「SPF」の数値ばかり気にしてしまいがちですが、特に冬場は「SPF」よりも「PA」の効果が高い日焼け止めを選ぶとよいですよ。

まとめ

残ってしまった日焼け止めを使用して、肌トラブルを起こしてしまっては意味がありませんよね。

紫外線は、1年中降り注いでいますし、室内にいても肌はダメージを受けています。
シミ、シワ、たるみなど肌を老化させる原因にもなるので、1年中日焼け止めを使用するのがオススメですよ(^^)