「今日は何の日?」お休みの疲れは出ていませんか?今日もおつかれさまです。

お肌のシミはタイプによって対策も違います。あなたのシミはどのタイプ?

シミとひとことでいっても、種類があるのをご存じですか?

実は、大きく5種類に分けることができます。

それぞれのシミによって、原因や予防方法、対策が異なってきますので、まずは自分のシミはどれか知ることが大事です。

日光黒子(にっこうこくし)

一般的には「老人性色素斑」といわれているもので、ほとんどのシミはこのタイプです。

【特徴】

  • 形や大きさは様々
  • 境界線がハッキリしているため目立つ
  • 20~30代頃から現われ、加齢とともに濃くなる

 

【原因】

  • 長年、蓄積した紫外線ダメージ
  • 加齢
  • ターンオーバーの乱れ

紫外線を浴び続けると、肌を守るために、メラニンを作る細胞「メラノサイト」が活性化されます。

紫外線対策が不充分だったために、メラニンが過剰に作られてしまったり、肌のターンオーバーが乱れるなどして、メラニンが排出されにくくなると、シミになってしまいます。 

【発生しやすい場所】

  • 背中


【対策】

紫外線は、季節や時間によって変化はあるものの、1年中降り注いでいます。
曇っていても降り注いでいますし、室内にも到達しますから、1年中紫外線対策が必要です。

日常生活では、SPFが20〜30、PAは++あれば充分効果がありますが、塗る量が少なかったり、汗で流れてしまったりすると効果が充分発揮されないので、こまめに塗り直すことも大切です。

どうしても、シミを取りたい、薄くしたいという場合は、皮膚科でレーザー治療を受ける方法もあります。

ただ、シミ取りは保険適用外なので、高額。
1度では綺麗にすることができず、何回か照射する必要があり、治療完了までには約半年くらい必要です。

肝斑(かんぱん)

治りにくい女性特有のシミです。

【特徴】

  • 30~40代の女性に多い
  • 境界線がハッキリしないもやっとしたシミ
  • 左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れる
  • 閉経後には目立たなくなる

【原因】

女性ホルモンが関係しているといわれていて、妊娠・出産を機に生じることが多い。

【発生しやすい場所】

  • こめかみ

最初は、頬骨に沿って現われることが多く、目の周り、口の周りにはできません。


【対策】

シミの治療に効果があるレーザー治療ですが、肝斑の治療にはNG!
炎症が起こり症状を悪化させてしまう可能性があります。

効果的といわれているのが、アミノ酸の一種であるトラネキサム酸による治療

トラネキサム酸は、抗炎症・抗アレルギー効果があり、湿疹やじんましんの治療に用いられてきた内服薬です。

内服薬以外では、トラネキサム酸配合のスキンケア用品を使用する方法もあります。

対称性真皮メラノサイトーシス(ADM)

肝斑とよく似ていますが、表皮ではなく、真皮に色素沈着するので、正確にはあざの一種に分類されます。

【特徴】

  • 肝斑と似ているが、少し青黒い
  • 思春期以降に発生しやすい
  • 左右対称の粒状

【原因】

原因は明らかにされていない。

【発生しやすい場所】

  • 額の生え際
  • 小鼻の脇 


【治療方法】
あざの一種なので、美白成分配合の化粧品など外からの対策は無効です。

気になる場合は、皮膚科でのレーザー治療が有効です。

雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的には「そばかす」といわれているもので、妊娠中、紫外線の影響で濃くなることもあります。


【特徴】

  • 幼少の頃から現われ、思春期の頃に最も目立つようになる
  • 茶褐色の小さな斑点が散らばって現れる

【原因】
遺伝性が強い。

【発生しやすい場所】

頬や鼻のまわり

【対策】

遺伝性のそばかすを消したい場合、レーザー治療が有効ではありますが、一番気になる思春期にレーザー治療はデメリットもありオススメできません。

思春期をピークに薄く目立たなくなることが多いので、コンシーラーやコントロールカラーなどで隠すのがオススメです。

炎症後色素沈着

ニキビやかぶれなどの肌トラブル、火傷などの痕がシミに変化したものです。

【特徴】

  • シミの境界はハッキリせず、色ムラがある
  • 時間とともに徐々に薄くなることが多い

【原因】

肌トラブルの炎症が長びくと、肌を守ろうとしてメラニンが大量に作られ、傷が治った後も、シミとして残ってしまいます。
肌トラブルは悪化させないことが大事です。

【発生しやすい場所】

全身どこにでもできる

【対策】

特にニキビは悪化させると、シミだけでなく、クレーターのように肌がボコボコになってしまい、メイクでもごまかすことが難しくなってしまいます。

できてしまったニキビは触らない、つぶさないこと、さらにニキビそのものができないように、生活習慣や食生活などに気をつけましょう。

まとめ

今のコンシーラーはとても優秀で、手軽にシミを隠すことができる便利アイテムなので、上手に活用しましょう。

シミをどうしても除去したい場合は、クリニックでレーザー治療を受けるという方法もありますが、デメリットもあるのでよく考えてからにしてくださいね。