「今日は何の日?」クリックしてみてみてね。

【動画】佐々木朗希が高校野球最速163キロ!大谷翔平選手の160キロ超えに絶賛の声

岩手・大船渡高校の佐々木朗希(ささきろうき)投手が、2019年4月16日、高校代表の国際大会対策合宿で行われた紅白戦で、163キロの記録を出し、日本中で話題となっています。

佐々木朗希(ささきろうき)投手は、大谷翔平投手(エンゼルスに所属)が高校3年生の時にマークした160キロの記録を破り、日本一の新記録を樹立しました。

佐々木朗希投手の新記録樹立に、「すばらしい!」「大谷超えすごい!」「かっこいい!」「天才!」など、佐々木朗希投手を絶賛する声が上がっています。

佐々木朗希投手と大谷翔平選手のその時の動画や、ネットでの日本国民の反応を調べてみました。

【動画】佐々木朗希投手が高校野球最速163キロ!

2019年4月6日土曜日「侍ジャパン高校代表候補・国際大会対策研修合宿、紅白戦」の第2試合に大船渡・佐々木朗希投手(3年)が先発し、自己最速を6キロ更新する163キロをたたき出したことで、高校生としては最速のスピードにネットで話題になっています。

「すばらしいの一言」と実際にその場で見ていた方の感想が印象的でした。捕手を務めた渡部くんは、下記のようにコメントしています。

捕手を務めた渡部雅也(3年)=日大山形=は「受けていても怖かった。捕るだけで精いっぱい。160キロと聞いて『そりゃ、出ているだろうな』と。『ビュン』の上。『ギュン』。捕りにいったら、そこからまた伸びてくる。体感速度が違う」と、驚きを隠せなかった。
(*引用:https://hochi.news/articles/20190406-OHT1T50205.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&utm_campaign=hochi_baseball)

ネットの反応 岩手県はすばらしい!

佐々木朗希投手(3年)もプロ野球の大谷翔平選手も岩手県出身とのこと。東北魂恐るべしですね。

https://twitter.com/nettoh_koshien/status/1114493149852778496

 

 

まとめ

日本人最速右腕 大谷翔平(花巻東) 165km/h ・日本人最速左腕 菊池雄星(花巻東) 158km/h ・そして2019年4月6日、日本高校生最速 佐々木朗希(大船渡)163km/hをたたき出しました~。3人との岩手県出身ということで岩手最強ですね。 佐々木朗希投手のことは、ネットでも「神」「すばらしい」「天才」など多くの驚きの声があがっていましたねー。大谷翔平選手に続いて、佐々木朗希投手もこれからの活躍がとてもたのしみです。