いちごが美味しい季節♪ ビタミンCもたっぷり。美肌効果も! おいしく食べてもちもち素肌に♪

安くて満足!今注目のプチプラ化粧水№1。プチプラ化粧水が人気の理由。

プチプラコスメが注目されていますね。

安い化粧品は、安かろう悪かろうなのだろうとずっと思って避けていたのですが、高級化粧品に引けをとらない良質なものがたくさんあることを知り、最近はもっぱらプチプラコスメを試す日々です。

今日は、スキンケアの基本である「化粧水」にターゲットを絞って紹介しますね。

プチプラ化粧水が人気の理由

「プチプラ」説明の必要はなさそうですが「プチプライス」の略です。

安くてお得なもの、安いけど質が良いもの、コストパフォーマンスに優れているものといったように、良い意味で使われています。

プチプラ化粧水が人気の理由

  • 値段を気にせずたっぷり使える
  • 安いのに満足な商品が多く存在する
  • ドラッグストアなどで簡単に購入できる
  • 気軽に色々な化粧水を試すことができる

化粧水の大事な役割

  • 洗顔で失われた水分を補う
  • 美容成分で肌を整える
  • 乳液やクリーム、美容液を浸透させやすくする

水分や美容成分で肌を整え、次につける乳液やクリームの効果を高めるのが化粧水の役割です。

化粧水がいかに大切なのかわかりますよね。

化粧水はたっぷりが基本!

化粧水も乳液もきちんとして保湿はバッチリなハズなのに、カサカサ肌で悩んでいる人は、化粧水の量が足りていない可能性があります。

化粧水は、ちゃちゃっと適当に付けただけでは、充分な水分を補えないんです。

だけど、高い化粧水だと、もったいなくて使用量をついケチってしまうんですよね。

その分、プチプラ化粧水であれば、たっぷり使っても気になりませんよね。

化粧水の正しいつけ方

手のひらで、化粧水を軽く温めてから、顔を包み込むように優しく押さえるようにすると、よく浸透します。

これを、化粧水を付けた時に、肌がもっちりと手のひらに吸い付いてくるくらいになるまで、何度か繰り返します。

丁寧にたっぷり水分を吸収させてから、乳液をすると、仕上がりが本当に違いますよ。

1,000円以下のプチプラ化粧水

人によって「プチプラ」の基準は異なるので、いくらだったらプチプラなのか?と聞かれても困ってしまうのですが、私の場合は、1,000円以下=プチプラです。

というわけで、1,000円以下で購入できる人気のプチプラ化粧水を紹介しますね。

【人気№1】ナチュリエのハトムギ化粧水

人気の理由は、なんといっても、500mlの大容量で650円という価格!

無香料、無着色、オイルフリーなので、家族みんなで安心して使えるのもよいですよね。

ニベアと混ぜることで保湿力がアップする!という裏技までネットに紹介されているほど、人気のあるプチプラ化粧水です。

【私のオススメ№1】ちふれ化粧水

ちふれの化粧水は、種類が豊富なのでお気に入りです。

  • トロリと濃厚な「化粧水とてもしっとりタイプ」
  • べたつかずしっとり「化粧水しっとりタイプ」
  • すっきりさわやかな「化粧水サッパリタイプ」
  • アルコールに敏感な人向けの「化粧水ノンアルコールタイプ」
  • 美白&肌あれ防止成分配合の「美白化粧水VC」
  • エイジングケアができる「濃厚 化粧水」

季節や肌の状態によって使い分けることもできますし、無香料、無着色なので安心して使うことができますよ。

【使い勝手№1】アベンヌウォーター

珍しいスプレータイプの化粧水です。

3ヶ月の赤ちゃんから使用可能。

化粧水の前のプレ化粧水としてや、外出先で乾燥が気になったらメイクの上から使うこともできるので便利ですよ。

【忙しい人にオススメ№1】朝のふくだけ洗顔水

ふくだけで洗顔でき、美容保湿成分配合で化粧水の手間もはぶけるという、忙しい人には嬉しいプチプラ化粧水です。

ボトル以外に、シートタイプもあるので、旅行やアウトドアにも便利そうですね。

まとめ

お財布に優しいのに、肌の調子も良いといいことずくめのプチプラ化粧水。

丁寧に正しくつけることが、化粧水の効果をアップさせるので、もっちりするまで、何度も追加しています。これは高い化粧水では勿体なくて無理です(^^;)

この値段なら失敗してもいいかなと、色々な化粧水を気軽に試せるのもプチプラ化粧水の魅力かなと思います。

気軽に使える「プチプラ化粧水」オススメですよ♡