「今日は何の日?」クリックしてみてみてね。

【2019年】都内桜名所ランキング10選

2019年の桜の見ごろがいつごろなのでしょうか?東京都内の今年の桜の見ごろは、早い桜は3月中旬からですが、だいたい3月下旬から4月上旬だそうです。

いつもは、近所の公園の桜で花見をするのですが、今年は、都内の桜の名所を訪れてみたいと思い、都内の桜の名所を調べてみました♪

【2019年】都内桜名所ランキング10選

目黒川沿い

 

目黒川は川沿いに桜が見どころで、両側を埋め尽くすソメイヨシノが目を引きます。夜はライトアップされていて、その景色は圧巻です。カップルで桜の木の下を散歩すると、結婚して幸せになれるというジンクスがある名所でも有名ですよね。

桜の見ごろは3月下旬から4月の上旬ですから、この期間を逃さないように足を運ぶのがおすすめです。

 

六義園

 

六義園はしだれ桜が魅力的で、こちらは3月中旬から4月上旬が桜の見ごろとなっています。高さ約15mとスケールが大きく、横に約20mも広がっているのがポイントです。

期間中のライトアップも人気ですから、夜の花見にも適している場所だといえるでしょう。

千鳥ヶ淵公園

 

千代田区にある千鳥ヶ淵公園は、3月下旬から4月上旬が桜の見ごろで、都内桜名所ランキングでも上位に位置する定番です。

駅から徒歩で約5分とアクセス性に優れますから、花見であまり歩きたくない人におすすめできます。

ここで咲く桜の木は全部で170本ともいわれているので、スケール感のある花見が楽しめるはずです。

隅田公園

 

隅田公園は、徳川吉宗が造ったことで知られる桜の名所で、桜の見ごろは3月下旬から4月上旬の期間です。

桜の名所100選にも選ばれたこの場所には、墨田区側と台東区側で合計約1千本もの桜が植えられています。

1kmもの桜並木が人々を出迎えるので、名所の名に恥じない見ごたえのある花見が味わえます。

上野恩賜公園

 

江戸時代から既に名所と知られている上野恩賜公園は、3月下旬から4月上旬中に楽しませてくれます。

桜の季節以外にも自然が充実する場所ですから、春になるとより特別感が増して魅力もアップします。

【2019年】上野公園の桜の見ごろは?場所取りはいつから可能?混雑はどのくらい?

芝公園

 

東京タワーも見える芝公園は、3月下旬から4月上旬に掛けて、山桜やソメイヨシノが満開になります。

都内桜名所ランキングに入っているのも頷けますが、駅から近い公園というだけあって、桜に囲まれながらゆっくりと時間が過ごせるでしょう。

 

新宿御苑

 

新宿御苑は街中にある桜の名所で、現代的な桜の鑑賞ができる貴重な場所でもあります。

桜の見ごろは2月中旬からと早めですし、4月下旬まで咲き続けるので、長く楽しめる点もまた魅力です。

 

毛利庭園、六本木さくら坂

 

六本木ヒルズの毛利庭園、六本木さくら坂は、立ち並ぶ高層ビルとライトアップが幻想的な雰囲気を醸し出します。

街の発展と共に常にあり続ける桜の名所なので、歴史を感じながら時の移り変わりが確かめられます。

井の頭恩賜公園

 

井の頭恩賜公園は池の中央が見どころで、木の本数も圧巻ではありますが、この場所でしか楽しめない魅力も見逃せないところです。

交通機関のお蔭で気軽にアクセスできますが、桜の季節に足を運べば、一転してこの場所ならではの雰囲気に浸れます。

【2019年】吉祥寺井の頭公園の桜の見ごろは?飲食の持ち込みは可能?ボートで花見。

日比谷公園

 

日比谷公園は噴水とベンチがポイントで、雪解け後の春の陽気や、ゆっくりと流れる時間が楽しめます。

人々が集まる広場やベンチは、憩いの場として誰でも気軽に利用できるでしょう。

まとめ

東京都内には、桜の名所がたくさんあります。このほかにも立川昭和記念公園や近場の公園なども桜がきれいな場所がたくさん!ピクニックシートを広げれば、どこでも花見ができる日本っていいですよねー。花の見ごろは2週間ほど。あなたの好きな場所で、ゆっくり花見したり、にぎやかに花見したり、日本ならではの春を味わってくださいね。